新宿区西落合 くろさか歯科クリニック西落合  歯周病、入れ歯、虫歯など、お口のお悩みはは、何でもご相談ください

院長ご挨拶
コンセプト
予防のすすめ
施設紹介
アクセスマップ
診療時間
スタッフ紹介
虫歯治療
小児歯科
歯周病
インプラント治療
入れ歯治療
矯正治療
審美歯科
ホワイトニング
くろさか歯科クリニック西落合
東京都新宿区西落合1-15-12
TEL:03-3954-6480
FAX:03-6908-1219

入れ歯が痛い

入れ歯で硬いものが咬めない

入れ歯が目立って恥ずかしい

 

など、入れ歯でお悩みの患者さんは、多いと思います。

 

あきらめずに、相談してください。

今まで具合の良くない入れ歯を使ってこられた方は、きちんと作られた入れ歯を入れた時の感激は大きいです。

 

入れ歯で一番大切なことは、左右の歯で噛める状態を作り、維持することです。

そして、残っている歯の負担をできるだけ少なくすることです。

むろん、作っておしまい、というわけはなく、義歯の細かい調整、特に咬み合わせの調整も大切です。

それだけでなく、使い方、噛み方、話すときの口の動かし方などの練習も、大切になってきます。

当クリニックでは、使いこなせるようになるまで、責任を持ってお手伝いしていくことをお約束します。

 

当クリニックが信頼する、とても上手な技工士さんと、よい義歯を、作っていきます。

 

 

保険でつくる入れ歯

保険適用の入れ歯の最大のメリットは治療費の負担が少ないということです。
入れ歯の厚みの違和感や熱の伝わり方が遅く食感を感じにくいなどのデメリットはありますが、もっとも経済的な入れ歯です。

丁寧に形どりを行い、きちんと正確な咬み合わせをつくることで、より快適な入れ歯作りに、努めています。

 

 

保険の部分入れ歯

 

保険の部分入れ歯

 

歯を数本失い、ブリッジなどによる治療がおこなえない場合は部分入れ歯になります。
http://www.yamazakisika.com/image/space.gif
保険の部分入れ歯は、プラスチック(レジン)の土台(床)に、プラスチックの人工歯を並べた入れ歯です。
周囲の健康な歯に金属のバネで固定する入れ歯のため、健康な歯が1本でも残っていることが条件になります。
http://www.yamazakisika.com/image/space.gif
当院では快適に使用していただくため、固定源となるバネをかける歯の治療に力を入れています。「使い始めてすぐ歯がグラグラになった」・「入れ歯がガタガタになった」といったことのないよう細心の注意を払っております。


保険の部分入れ歯のメリット

費用が安価
治療期間が短い
他の歯を削る必要がない
手術の必要がない

保険の部分入れ歯のデメリット

厚みがあり違和感がある
長期的な変色や磨耗がある
口を開けると金属のバネが目立つ
食感や熱の感覚が鈍い

 

 

保険の総入れ歯

 

保険の総入れ歯

 

歯がまったくない場合は、歯茎(顎堤)で支える総入れ歯になります。
歯茎で支えるため、より安定感のある入れ歯つくりの技術が必要とされます。
http://www.yamazakisika.com/image/space.gif
レジンが素材のため若干厚みがありますが、精密な型採り(印象)をおこない、歯茎に程よい刺激が伝わる、ぴったり密着する入れ歯つくりに努めています。

 

http://www.yamazakisika.com/image/space.gif

保険の総入れ歯のメリット

費用が安価
治療期間が短い
手術の必要がない

保険の総入れ歯のデメリット

厚みがあり違和感がある
長期的な変色や磨耗がある
たわみやすく破折しやすい
食感や熱の感覚が鈍い

 

自費でつくるピッタリ入れ歯

ステーキもイカもケーキもなんでも同じように食べられる入れ歯はいかが?!

 

保険の入れ歯にどうしても馴染めない方や、入れ歯の違和感を小さくしたい方、食感をもっと楽しみたい方などにお勧めの入れ歯です。

自費の入れ歯の最大のメリットは、使える金属の種類や設計などの保険の制約がないことです。そのため、患者さんのご希望やご予算に応じてピッタリあう最良の入れ歯をつくることができます。

 

@金属床義歯

ぴったり、密着する超精密入れ歯です。

 

金属床義歯と保険義歯の厚さの比較

 

土台(床)の部分が金属の入れ歯が金属床です。
土台がレジン(プラスチック)の保険の入れ歯は厚みで強度を確保しますが、金属床の場合は強度に優れた金属のため、薄くて軽い快適な入れ歯をつくることができます http://www.yamazakisika.com/image/space.gif
違和感が少ないだけでなく、金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を敏感に感じることができ、今までのような食感を楽しむことができます。また、適度な密着感により会話も楽になります。

特に、上顎の金属床の場合は、プラスチックの入れ歯とは、使用感が大きく違ってきます。

チタン床総義歯 コバルトクロム部分床義歯


金属床義歯で使う金属

コバルトクロム合金

入れ歯用の金属として古くから使われており、実績と信頼があります。保険の入れ歯の約1/3の薄さでありながら耐久性にも優れているため、快適な状態で永く使用できます。

チタン合金

コバルトクロム合金の約半分の重さの金属で、インプラントの人工歯根や体内に埋め込むボルトなどでも使われている体に優しい金属です。金属アレルギーの心配がなく、また腐食にも強い最良の金属です。

 

 


Aマグネット義歯

 

マグネットアタッチメント義歯は入れ歯側に超小型磁石を取り付け、歯根に金属(キーパー)を埋め込み、義歯を磁力によりピッタリ吸着させます。

金属製のバネ(クラスプ)もないので、見た目にもきれいです。

 

高崎 マグネットデンチャー   マグネットデンチャー 高崎

 

 

マグネット・デンチャー
最大の長所は、歯にかかる負担を減らすことができることと、歯の清掃がしやすいことです。

金属床義歯と併用することが多く、抜群の固定感を得ることができます。

 

 

http://nakaokishika.com/_images/subject/07/02.jpg

 

 



Bシリコーン義歯

 

シリコーン義歯は歯茎(顎堤)との接触面をやわらかい生体用シリコーンで覆った入れ歯です。
クッション材が痛い・噛めないといった問題を解消し、また生体用シリコーンの持つ密閉性がはずれやすいといった問題も解消してくれます。

 

シリコーン義歯

 

 


Cノンクラスプ義歯

 

部分入れ歯は一般的に金属のバネ(クラスプ)を歯にかけて入れ歯を維持し安定させます。
しかし、そのバネが見えることを、気にする方がおられます。
ノンクラスプ義歯はこのような方にお勧めの入れ歯です。


ノンクラスプ義歯


 当院のノンクラスプ義歯は目立ちにくいことはもちろん、修理や補修の容易さも特長のひとつです。ただ、金属クラスプを使用した入れ歯に比べると、咬む力がやや劣ることが、デメリットです。

 

入れ歯のお問い合わせ

入れ歯が痛い・合わないなどお困りの方が大勢おられます。
入れ歯についてお困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくは、くろさか歯科クリニック西落合までお気軽にお問い合わせください。

03−3954−6480